構造による長所

ボルトなどが鉄製の製品として多く用いられた理由として、その頑丈さが挙げられます。鉄は硬くて頑丈であるため、ボルトなどの製品に使用することによって長い時間素材を接着させることができます。電気機器などの製品を使っている内に、こうした部品が破損してしまうと、使用している人にも大きな怪我を負ってしまう場合があります。そのため、部品には素材同士を強固に結び付け続けるだけの頑丈さが求められているのです。一般的な常識でいえば、セラミックス製の部品は、鉄製の部品に比べ、強度の面では遥かに劣っていると多くの人は考えています。セラミックはプラスチックと同じ樹脂で出来ているため、衝撃などには弱いという印象がどうしてもつきまとうのです。製品を安全に使うためには、重要な部品は鉄製のものがよいとして、鉄の部品を利用している人は大勢いるでしょう。しかし、セラミックス製の部品であっても、鉄と比べても遜色のない強度を持つ物は存在します。軽く、そして頑丈なセラミックス製のボルトであれば、多くの製品に利用できるでしょう。

一般的に強度が脆弱と呼ばれているプラスチックは多くありますが、それらは多くある樹脂の一つに過ぎません。セラミックスを初め、樹脂には多くの種類が存在するため、高い強度を誇る樹脂もあるのです。物の強度は、おおまかに言えば分子構造の頑強さで決まります。樹脂によっては、分子同士が強固に構成されているものもあるため、強度の高いセラミックス製のボルトも作られるのです。樹脂製のボルトは値段も安価であるため、多くの製品に利用することができるでしょう。